仲介と買取りの特徴!不動産会社の選び方成功ガイド

自宅を売却となると大きく分けて2つの手段があります。その手段とは1つ目は一般的にでありますが不動産会社に依頼して買主を見つけててもらう【仲介】です。もう一つの手段が直接不動産会社が買い取ってくれる【買取】です。仲介も買取も性質が全く異なりますのでここで詳しく紹介します。

 

仲介と買い取りの違いは?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

その名の通り、仲介業務では不動産屋さんが買い手の依頼によって、売り手を見つけて売買契約の仲介に入ることを言います。 買主を探す分売却期間は長くなりますが、 買取に比べて高値で売却できますので多くの方がこの仲介で依頼しています。

 

少しでも高値で売却したい方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

そして買取では、あなたの自宅を不動産屋さんが買ってくれることを言います。 価格査定から契約までの流れがスピーディで、 あなたの手間がかからないばかりか、時間もかかりません。 しかし、買取は価格面において仲介よりもマイナス面があります。というのも、一般的に2~3割程度が仲介よりも安くなるというケースも多いようです。

 

今すぐ売りたい人におすすめです。

買取の説明図

不動産会社に買い取ってもらうこともできる

いち早く不動産を売却したいという方には、不動産会社へ直接買い取ってもらえる買取査定も依頼することができます。 不動産会社による仲介となると買い手を見つけるのに、 だいたい早くても3か月ほどの月日を要することがほとんどです。 ちなみに最も早く不動産売買を完了したい人なら、不動産会社に直接買い取ってもらう方法で最短2週間での不動産引き渡しが可能です。 多少相場よりも金額は安くなりますが、とにかく早く自宅を売りた渡したい人には、 買取査定は非常に便利な方法であるといってもよいでしょう。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

仲介と買取についてのまとめ

仲介と買取についてのまとめ
仲介と買取について紹介してきました。少しでも高く売却したい方は仲介契約、すぐに売却する理由のある方は買取との認識で基本的に問題ありません。不動産売却は手間や時間、労力がかかるので最近では親の空き家など自宅から離れた不動産を売却する場合は買取を選ぶ方も多いそうです。しかし不動産は人生において最も高価な商品の1つですので、かんたんに100万から500万円くらいの差が出てしまいます。基本は仲介契約で良いかと思います。

 

もし買取にするならば、必ず複数社に査定依頼することが絶対条件です。買取の場合は査定額=買取額ですのでなるべく数多くの不動産会社に査定を依頼して査定額を比較しましょう。

 

 

仲介

  • 少しでも高く売りたい方

 

買取

  • 早く売りたいした方
  • 手間をかけたくない方
  • 近所にバレずに売りたい方
  • 瑕疵担保責任を負いたくない方
  • 買い手がなかなかつかない物件