一般媒介契約と専任媒介契約!不動産会社の選び方成功ガイド

媒介契約と専任契約の違い

 

自宅を売却するとなると一般的に不動産会社と契約する必要があります。その契約には3種類あり一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。それぞれ契約内容が異なりますのでここでは3つの媒介契約について詳しく紹介していきます。

 

媒介契約と専任契約、選ぶならどっち?

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
不動産売却では、個人の売り手と個人の買い手が売買契約を交わす必要があり 基本的に不動産屋さんの仲介業によって成立します。
仲介と媒介はほぼ同義です。口語的には仲介が使われますが、不動産売却に関しては専門用語として媒介がよく使われます。

「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」と媒介契約と言っても3種類も存在するうえに、それぞれ役割も異なります。


・一般媒介契約⇒複数社との媒介契約が可能
・専任媒介契約⇒ 1つの会社としか媒介契約が結べない
・専属専任媒介契約⇒1社のみの不動産屋さんと媒介契約が結べ、買い手を見つけることも不動産屋さんにすべて委ねることとなる

 

すべてを託せるような不動産会社であれば専任媒介契約を依頼するのがおすすめですが、その不動産屋さんについて信頼しきれていない部分があるとすれば一般媒介契約で様子を見るのも1つの手です。

 

一般媒介と専任媒介図

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

3つの媒介契約について紹介してきました。それぞれ特徴が異なりますので選ぶのも迷うかもしれませんが当サイトでは専任媒介契約を一押しにしてます。その理由は不動産売却において1番重要なのは信頼できる不動産会社選びです。つまり媒介契約を結ぶ時点で前提として信頼のおける不動産会社を選んでいるはずです。信頼できる専任媒介契約ですとしっかりとサポートやアドバイスもしてくれます。また一般媒介契約では他社に契約をとられてしまったらそれまでの労力や広告費が無駄になってしまうのでなかなか本腰を入れて売却活動をしてくれないと言う現状があります。専任媒介契約ですと契約をとれば必ず利益に直結しますので広告費も一般媒介契約と比べると明らかに出してくれます。

 

ただし一般媒介契約でも良い場合もあります。それは都内の駅前等の人気エリアの物件です。このような一等地は特に営業かけなくても自然と買主が集まってきます。ですので一般媒介契約で複数の会社に幅広く宣伝してもらった方が早く売却できる可能性が高まるからです。

 

 

当サイトのお勧めの選び方

  • 人気エリア以外は専任媒介契約
  • 人気エリアは一般媒介契約