不動産仲介手数料の値段は?不動産会社の選び方成功ガイド

不動産売却の仲介手数料について

家を売るにも色々と手数料が取られます。その代表例が仲介手数料です。少しややこしい計算が入ってきますが仕組みはとても単純です。ここでは不動産売却における仲介手数料について詳しく紹介していきます。

 

不動産売却の仲介手数料について

不動産売買における仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で以下のように上限が定められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売却価格には消費税を含んでありません。

売買価格が400万円を超える場合は、 つぎの計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

注意仲介手数料を算出する基礎となるのは、「消費税を含まない売買価格」になります。物件の表示価格が「税込」となっているケ-スもあるので、その場合は注意が必要です。
この価格が仲介手数料の上限値なので これ以上高い仲介手数料を請求される事はありません。 不動産会社によっては 仲介手数料が無料なな会社もあったり、 早く売買が成立すると手数料を安くしてくれる会社も出てきてます。 仲介手数料早見表

その他の費用

仲介手数料の他にも以下のような費用がかかります。
不動産売却の諸経費 ここで書いた事全部が必ず必要になるわけではないのですが、 不動産売却の費用の相場は、 売値の3から10%ほどかかります。費用もしっかり計算しておきましょう。 これらのお支払いする金額は不動産が売れたときの利益からでも可能ですが 手数料については売買契約をしたときに半額、残りの金額を後で支払うなど分割での支払いが必要になります。 残りの金額を後で支払うなど分割での支払いが必要になります。

 

仲介手数料や費用は売却活動の前に把握しておきましょう。

仲介手数料や売却の費用と言うものは自宅の相場がわかればある程度の費用の概算が簡単に計算できるので事前に費用について把握しておきましょう。事前にどの程度の費用がかかるか把握してないと後からトラブルが起きるリスクもあるからです。よくあるトラブルが住宅の借り換えで家を売る場合、売却額より住宅ローン残債務の方が多くなってしまう事です。基本的住宅ローンは一括返済するのが基本です。住宅ローン金額と同じ金額で売却したとしても手数料負けしてマイナスになってしまいます。不足分を一括で用意しなくてはならなくなってしまいます。

 

 

ある程度事前に仲介手数料等の費用を把握しとかない物件の値下げに関しても影響が出てしまいます。


 

 

 

不動産売却の仲介手数料のまとめ

不動産売却の仲介手数料のまとめ
不動産売却に対しての仲介手数料やその他の諸費用について紹介してきました。仲介手数料に関しては法律により上限値が定められていますので不要に高く支払ってしまう心配はありません。不動産会社の利益と言うのは基本的にこの仲介手数料のみですので、仲介手数料の上限値が仲介手数料と言うイメージで良いかと思います。中には仲介手数料半額したりしている会社もありますが、自らの販売力がないと言ってるようなものですので、仲介手数料を割り引いている会社は警戒した方が良いと思います。売却後にトラブルにならないためにも、事前にどのぐらいの費用がかかるのかしっかり計算しておきましょう。